top of page

代表挨拶

6D47E666-AB28-4F06-A26F-F4FDCBD7ABB4.jpg

一般社団法人いきいきライフ協会千葉中央の代表理事の小西一嘉と申し上げます。

当協会は一般社団法人いきいきライフ協会のグループで、弁護士、司法書士、行政書士による専門的なリーガルスキームを通じて「安心」「安全」かつ誠実なお手伝いをさせていただいております。

また、財産管理においては。グループ内の会社が金融庁の登録事業者として財産管理のための信託口座を有しており、安心してご依頼者様のご預金をお預かりさせて頂いております。

 

是非、ご相談下さい。

本当の安心の仕組みとは?

私たち、いきいきライフ協会千葉中央は、一般社団法人いきいきライフ協会のグループ社団として、ご依頼者様の「安心」のために一緒になって「生前のこと」、「いざという時のこと」について真摯に向き合っていきたいと考えております。代表理事である私自身、以前は銀行支店長、今は行政書士として本業務に携わっておりますが、財産管理、身上保護、身元保証人、身元引受人として国家資格者のバッジをしていても「すべてが安心か?」と言われれば、決してそうとは言い切れない部分もあります。


それは、弁護士、司法書士、行政書士等法律関係に携わる者でも不正や横領、事故があるのも現実だからです。

国家資格者であっても必ずしも安心ではなく、そこに第三者のチェック機能をおき適正な財産管理のもと運営を行う仕組みがあるかどうかにあると思います。

 

当協会は、高齢者や障がい者の方にとっては大変かもしれませんが、公正証書作成により「財産管理委任契約、死後事務委任契約、いざという時の介護・医療に関する意思表示宣言(尊厳死宣言)、任意後見契約、事務委任契約、公正証書遺言契約を締結しております。

それぞれのプロセスに応じた契約を締結することにより、身元保証業務、任意後見業務、死後事務業務、遺言執行業務を適正に行うことが可能になり、ご依頼者様に安心していただけるものと考えております。

身元保証サービスの範囲は?

昨今「身元保証事業」に関するトラブルなどが発生しておりますが、、これはサービス(業務)の範囲がどこまでかが明確ではなかったことが原因かと思います。

契約時に良く説明を行い生前・死後事務等の報酬を定めておくことが大切です。

トラブルはサービスの範囲が不明確である事と、その対価としての報酬体系が不明確である事が原因ではないかと思います。

当協会では、生前・死後に発生する全ての業務(身元保証・身元引受、見守り契約、死後事務【行政手続き、未払い金の整理、住まいの残置物整理、葬儀、】)まで契約に基づき、きちっと対応して参ります。

疎遠になった親族に迷惑をかけてくない、頼みたくないなど実情は様々ですが、安心して終末を迎えられるサービスを提供し貢献していきたいと思います。

bottom of page