top of page

葬送支援サポート

葬送支援と介護との関係性とは

介護施設に入所する際に、身寄りの無い方の場合、介護施設で亡くなられたとしても、葬送支援を担当する方が決まっていないので費用や供養をどのようにするのか、という点で周囲の方にとって悩ましい問題を残す形になってしまいます。

このため、老い支度の一環でもありますが、事前に葬送支援のプランや内容を決めておいてもらって、思う存分生きてもらって、最後のことは気にする事が無いように、事前に決めておくことが大切になります。 

葬送支援の今

よく相続トラブルになる場合、長男が葬儀に300万円掛かった、永代供養に200万円掛かったと大げさに費用の主張をすることは少なくありません。

 

しかしながら、実際に明細を見てみると、葬儀費用70万円。永代供養料40万円なんてこともよくある話です。

葬送支援においても、今までは相場観や実際の費用が非常に分かりづらかったのですが、今では多くの葬儀社さんが明確に費用を公開しておりますので、参列者を100名以上お呼びして盛大に葬儀を執り行いたいという方でなければ、300万円も500万円も費用が掛からないのが実情です。 

bottom of page